簡単に当店の前段からご紹介をさせて下さい。

「本と、珈琲と、ときどきバイク。」は
”バイクと出逢うための本屋”がコンセプトの小さな小さな本屋です。

代表の庄田 祐一と申します。

世の中の売れ筋よりも、旅や食といった好奇心に繋がる本をメインに、
人の気持ちに寄り添える本、感受性を培える本、美意識を磨けるような本などを扱ってまして、
その先に“バイクが見える”という私自身の感性と視点で選書しております。

バイクに乗る乗らないを分ける境界線として、好奇心を筆頭に、
感受性や美意識が大きく左右するのではないかという持論の元、
本屋こそがバイクと出逢う大きなきっかけとなり得るという仮説を体現したお店になります。

私は「バイク」や「本」のもつさまざまな可能性を信じています。
ただ、どちらも日本社会では圧倒的にマイノリティ側。
そして両者のもつ性格は“動”と“静”と真逆なので、あまり接点がありません。
けれど両者には人間が本来もっている“美しさを感じる心”など
プリミティブな感性を刺激してくれるという素敵な共通点があると思っています。

「本と、珈琲と、ときどきバイク。」は 日々“動から静へ”“静から動へ”を行き来しながら、
好奇心をくすぐり、“バイク×本”のある暮らしの美しさ感じる、人とバイクを本でつなぐプロジェクトです。

自分だけのバイクと出逢い自分だけの本と出合うことは、
好奇心を広げ、感受性を豊かにし、美意識を磨ける唯一無二の美しい体験。
それがどれだけアナログで、不便で、非効率なことであっても
その積み重ねにこそ、この窮屈な現代社会を豊かに生き抜くヒントが隠されていると考えます。

「バイク」や「本」の魅力が伝わりづらいこの時代。
どこでバイクと人とが出逢えるのか、どうすれば本の魅力が伝わるのか、、、
バイクや本の魅力にまだ気づけていないこれからの世代に向けて、
バイクと出逢い、本と出合える優しい場をつくりたい。
そして、誰でも簡単に取り入れやすい本を起点に、 本からはじめられるバイクの可能性を信じて
私は未来の素敵なライダーが増えるお手伝いがしたいと考えました。
「本と、珈琲と、ときどきバイク。」はそんなバイクの未来、人の未来を見つめた小さな書店であり、
人が人らしくいられる豊かな場所にしたいという思いを掲げて当店を立ち上げました。

また、
何か新しい発見や、何かに気づいたり、ゆっくりと自分と向き合える、
そんな皆さんの憩いの場を目指します。
私自身、皆さんに寄り添い、そっと背中を押せる人であれるよう日々成長して参ります。

以上が当店に込めた私のメッセージになります。
その他具体的なお店情報は「お店情報②」または通販サイトにてご確認頂ければと思います。